急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最もよくある中耳炎で幼い子どもによく起こる病気です。耐え難い耳痛や38℃以上の発熱、鼓膜の炎症、耳漏(耳垂れ)などのいろいろな症状が発生するのです。
アルコール、お薬、合成された食品の添加物などを特殊な酵素で分解して無毒化する活動を解毒(げどく)と称しており、肝臓の大切な仕事の一つだと言えるでしょう。
栄養バランスの優れた食事を1日3回とることやスポーツはもちろんのこと、健康増進や美を目的とし、食事とは別に様々な種類のサプリメントを採用する事がまったくおかしくなくなりました。
吐血と喀血はどちらも血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺へと至る気道(きどう、呼吸器の一つ)から出血することであり、吐血は十二指腸よりも上部にある消化管から血が出る状態を言い表しているのです。
インキンタムシ(陰金田虫)は20代~30代の比較的若い男の人に多く見られており、ほとんどの場合は股間部にだけ広がり、走ったり、風呂上りのように身体が温まると強い掻痒感に苦しみます。
ハーバード大学医学校(HMS)の調べによれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップ以上カフェインの取り除かれたコーヒーに変えれば、恐ろしい直腸癌の発生リスクを5割も減らせたそうだ。
花粉症というものは、山林の杉や檜、ブタクサなどの様々な植物の花粉が原因物質となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を生ずる病気として知られています。
自分で外から観察しただけでは折れているのかどうか分からない時は、痛めてしまった位置の骨を注意しながら触ってみてください。もしそこに強い痛みが走れば骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
基礎代謝(BM)とは人間が動かなくても燃焼してしまう熱量のことで、その50%以上を全身の様々な筋肉・一番大きな内臓である肝臓・頭部の脳の3種類で占めるということです。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性であるビタミンEなどとは違っており、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を遅れさせる効果を発揮するのです。
一般的には骨折しない位の小さな圧力でも、骨の限定された所に幾度も繰り返しいつまでもかかってしまうことで、骨が折れることがあるので気を付けなければいけません。
汗疱状湿疹(汗疱)は手のひらや足裏、又は指の間などに細かな水疱がみられる病状で、基本的には汗疹(あせも)と呼び、足裏に出現すると足水虫と勘違いされる場合が結構あります。
人の耳の構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3か所に分けられますが、中耳の部分にばい菌やウィルスなどが付着して炎症がみられたり、体液が滞留する症状を中耳炎と称しているのです。
数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、大変強靭で軽量で着け心地が良い上に耐久性があって、水に濡れてしまっても壊れずに使用できるという特長があるため、今の日本のギプスのメインなのは間違いありません。
脂溶性のV.D.は、カルシウムが吸収される行程を支える性質が有名であり、血中のCa濃度を微調整し、筋繊維の働きを適切に操ったり、骨を生成してくれます。