UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短く、オゾン層を通る際に一部分が吸収されるものの、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮内で細胞のデオキシリボ核酸を損壊させたりして、肌にとって悪い影響をもたらしています。
現在、若年層で結核菌に対抗する抵抗力、即ち免疫力を持たない人達が増加したことや、早合点のせいで受診が遅れることなどが原因の集団院内感染(アウトブレイク)が増加傾向にあります。
現在のオペ室には、手洗い場や器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を作り、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を設置するか、近距離にレントゲン撮影のための専門室を併設しておくのが慣例となっている。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを保有した精液や血液のほか、女性の母乳や腟分泌液などのあらゆる体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分などに接触すると、感染のリスクが高くなってきます。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、色々なアミノ酸をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝のために必要となる回路へ組み込ませるため、もう一度細分化させるのをサポートする作用もあります。
大体は水虫といえばまず足を連想し、こと足の裏にみられる皮膚病だという認識が定着していますが、白癬菌がうつるのは足だけということはなく、体のどこにでも感染するという危険性があります。
いんきんたむしは比較的若い男の人多い傾向があって、原則として股間の辺りだけに拡大し、激しく運動したり、入浴後のように身体が熱くなると強い掻痒感を引き起こします。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が要因でもたらされる発疹で、分泌が異常をきたす素因としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの乱れやビタミンB群の不足などが関わっているのです。
強い痛みを伴うヘルニアは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在してクッションと同様の役目を持っている椎間板という名の柔らかくて円い形をした組織が飛び出てしまった症例の事を指しています。
耳鳴りの種類には本人にしか感じられないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように当事者だけでなく他の人にも品質の高いマイクロホンなどを使ってみると感じるという「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
ダイエットに勤しむあまり摂取カロリーの総量を控える、食事をわざと残す、というような暮らしがひいては栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性を誘発する事は、色んな媒体で危惧されているのです。
ハーバード医科大学の研究結果によれば、通常のコーヒーと比較して1日2~3杯のカフェインの取り除かれたコーヒーを代用すれば、なんと直腸がんの発生リスクを半分以上減らせたのだ。
「とにかく時間がない」「上辺だけの付き合いが嫌」「あらゆる先端技術や情報の高度な進化に付いていくのに必死だ」など、ストレスが溜まってしまう場面は一人一人異なります。
体脂肪量は変動がなく、体重だけが食物摂取や排尿などによって短時間で増減するようなケースでは、体重が増えれば体脂肪率は下がり、体重が減ったら体脂肪率が上がることがわかっています。
日常的に横向きの状態でテレビ画面を眺めていたり、長時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴を日常的に履くという習慣的なことは体の上下左右の均衡を悪化してしまう素因になります。