公認会計士はどんな仕事?

公認会計士が、どうして世の中で必要だとされているのかを、株式会社との関係等の情報を交えてご紹介しています

公認会計士の概況

公認会計士はどんな仕事?

公認会計士という仕事がありますが、名前だけはわりと有名でも、その中身についてまではよく知らない人が少なくないようです。

公認会計士の仕事は、ようするに会計や監査のスペシャリストです(事実上、監査専門ですが)。

企業等のリクエストに応じて、外から依頼主の財務関係の書類をチェックすることが主たる業務となります。

どうしてそのようなことをする必要があるのかといえば、財務関係の種類は(小さな事業者であっても)膨大な量になりやすいですね。

しかし、財務関係の書類は何かと隙ができやすいものでもあります。

よく大手の企業やあるいは、その他の団体でも、とにかく大がかりなスケールを持つ組織において、「不正な経理等が行われていた」……というニュースを目にすることはないでしょうか。

あの手のニュースについては、「氷山の一角だ」と感じている人たちも世の中にはとてつもなく多いのだそうですし、実際に、専門筋に意見を求めても、企業等の財務関連の書類には何かと不正や誤りが生じやすいことを(遠まわしにではあっても)認めることが圧倒的に多いでしょう。

そのような顛末になることを防ぐためにも、公認会計士のような専門家の手助けを借りることは欠かすことができないのです。

そして、公認会計士に、「この株式会社は正確な運営状況です」といったことを保証してもらうのです。

まずは、公認会計士の採用試験に挑戦しましょう。

▼オススメサイト
日本社会関連会計学会

Copyright (C) www.alaskasquaredance.com. All Rights Reserved.

公認会計士の概況